お子さんの歯の健康を一緒に考えましょう

とがし歯科医院の小児歯科について

とがし歯科医院では、余程の状況でない限り、いきなりお子さんの歯を削るようなことは致しません。歯医者に来て、いきなり怖い・痛いという思いをしてしまった、お子さんは歯医者に行くのが嫌になり、将来的に健康なお口を維持することが難しくなるためにです。
まずとがし歯科医院へお越して頂いた際には、お子さんとお話しをさせて頂き、治療するチェアーに座って頂くことから始めます。なかには、治療する所に行くのさえ怖がってしまうお子さんもいらっしゃるため、歯医者になれて頂き、怖くないところだと思って頂けることからスタートします。

お父さん・お母さんへのお願い
  • 「悪いことをしたら、歯医者に連れて行くわよ」などは、お子さんに言わないでください。
  • ご来院して頂く前に、「見るだけだから」「痛くないから」など言わないください。もし治療する必要がある場合に、お子さんとの信頼関係が壊れてしまいます。
  • 事前に歯医者に行くと伝えずにご来院しないようにお願い致します。突然、歯医者に連れてこられると怖がるお子さんもいらっしゃいます。
  • ご来院して頂き、もしお子さんが泣いたり、騒いだりしても怒らないでください。帰る時には、「よく頑張ったね」と褒めてあげてください。

お子さんの歯の予防について

お子さんの歯の予防には、シーラントやフッ素塗布などがございます。
とがし歯科医院では、お子さんの歯の状態を確認して、必要な場合、シーラントやフッ素塗布をおすすめしております。
お子さんの歯の予防で、一番大切なことは、シーラントやフッ素塗布をすることではないためです。大切なのは、歯医者に通う習慣を付けることだと考えております。何も治療をしなくても、歯医者に行き、院長や歯科衛生士とお話しすることが大切だとお考えして頂き、定期的にご来院して頂くことをおすすめ致します。

お子さんの歯並びについて

お父さん、お母さんに、矯正はいつ頃から始めたらいいのかを聞かれることがあります。矯正のことだけを考えた場合、多くは、永久歯が生えだす4歳から6歳ごろから始めます。
しかし、乳歯がムシ歯になって抜歯することなったりすると、永久歯の歯並びへ影響することが分かっていますので、乳歯が生えだしてから、お口の健康を大切してムシ歯になっても抜歯することなく、永久歯へ生え変わるようにすることをオススメしております。